経営コンサルタント

中小企業診断士として独立後に感じること(2ヶ月経過)

独立から2ヶ月経って感じること

独立してから2ヶ月が経過しました。1ヶ月経過時点での投稿からさらに1ヶ月経過しました。この投稿は定点観測(?)ですね。ただこの1ヶ月間、コロナウイルスの影響が日増しに大きくなったこともあり、前回報告時に比べると大きな変化はありませんでした。こうして少しづつ落ち着いていくのでしょうね。ただ、こうしてイベントなどの中止が相次ぎ、活動できない時間があることで質の高いインプットが出来ていることを感じています。これは会社を辞めて時間が自由に使えるようになった効果も相まって、如実に表れています。たとえばブログの記事として寄稿しただけでも、

とこれだけあります。(これ以外にも紹介したいことはありますので、順次記事化します。) またアウトプットとしてやや地味ではありますが、少しづつこのサイトの見栄えも変えています。具体的には、当サイトのイメージカラーであるオレンジの配色を増やしています。

フリーランスとしての立ち位置を考える

 春先からまたいろんな活動をし、会社員時代では出来なかった幅広い貢献をしていきたいと思いますが、自らの立ち位置を考え直したいと思うようになりました。具体的には、独立直後に書いた「これからの活動について」で述べた「JICA民間コンサルタントとして活動する」というのは継続します。あれだけ必死に行ったPCM研修のことは今でも忘れていません。ですが、2ヶ月経つうちに他にもやりたいことが出てきました。特にIT系の研修講師。それから(具体的なことはまだ書けませんが)他にもやりたいことがあります。もちろん、私のビジョンが変わるわけではありません。ですが、こうして安定を求めずどんどんチャレンジしていけるのもまたフリーランスの醍醐味だと思います。もちろん、それらの取り組みは結果が出次第、随時このブログで報告します。前に書きましたが、クランボルツの教え通り、キャリアは偶発的に作られる、だけどそれは単なる偶然ではない。なので、まず行動第一です。

中小企業診断士として独立後に感じること(1ヶ月経過)独立して1ヶ月経って感じること 独立してから1ヶ月が経過しました。2週間経過時点での投稿からまだ2週間ちょっとしか経っていませんが、い...