その他雑感

AVIOT TE-D01gレビュー

AVIOT TE-D01gを購入しました。

 このところ完全にブームを超えて定着した感のあるTWS(True Wireless Stereo)。遅まきながら買ってみましたのでレビューします。AVIOTに限らず、Qualcommの最新SoCである「QCC3020」「QCC3026」が出てきたことでグッと全体的なTWSの品質が上がりました。(要は安くて途切れにくいBluetoothヘッドホンがたくさん出てきたってことです。)
で、このTE-D01gに採用されているのは「QCC3020」のほう。性能的にはQCC3026のほうが上のようですが、小型であるというメリットもあり、普段使いでは気になるものではないでしょう。安いTWSだと5,000円以下で買えるものも多い中、AVIOTは日本メーカー製(といっても製品はMade in Chinaですが)で「Japan Tuned」を謳っています。この安心感があってなおかつ10,000円以下で買えるというのは魅力的です。

で、使ってみてどうなの?

 やっぱり気になるのはこの点だと思います。特にQCC3026を搭載した「TE-D01d」があるだけに気になるところ。

  • 音質はこのクラスでは圧倒的。低音が弱い気もするが、あまり強くない方が個人的には好み。
  • 購入前に気になっていたのは音質だけで、スペック的には、十分すぎるくらい十分。一応以下に挙げておきます。
  • 10時間連続再生
  • コンパクトなケース+USB-C(AVIOT初採用)による充電で計50時間再生可能
  • IPX7の防水性能(ここまでいらんくらいのオーバースペック)
  • 高級感のある筐体デザイン(これが所有感を満足させてくれます。結構大きな要素。カラバリも4つあります。)
  • aptX対応(AndroidスマホではなくWalkmanと接続すると最強)
  • 混雑する環境(※自分が試したのは渋谷駅と吉祥寺駅)でも途切れにくい。

こんなところです。まぁまたTWSは新しいのが次々と出てくるのでしょうが、2年は鉄板かなと思える逸品です。