その他雑感

新年は信念に通じる

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年になりました。明日から仕事始めとなります。これから独立診断士として精一杯やっていきたいと思いますが、私の中で心がけたいことを3つ書きます。(あとで自分自身読み返して初心に帰る意味でも)

  1. 焦らないこと
    最初の頃は、結果が欲しいということもあり、どうしても気持ちが先走りがちになると思います。どんな優秀な人でも仕事を変えてそんなに急に結果は出ないので、焦らず、地道に、お客様のお役立ち度を上げ、一つひとつの仕事を丁寧に行っていきたいと思います。
  2. 人と比較しないこと
    これも先の「焦らないこと」とほぼ同じなのですが、どうしても自分より先に独立してうまくやっている人とか、高年収の方と早く同じようになりたいと思いがちです。もちろん頑張ってそうなりたいですし、何よりも仕事で成果を出すことで貢献したいです。
    ただ、人と比較すると必ず自分を見失い、目先のことばかりに気が行ってしまい、その結果、お客様からの信頼を失っては元も子もありません。常に比較するのは昨日の自分であり、少しづつ成長していきたいと思います。
  3. 自己投資し続けること
    コンサルタントとして独立した以上は、自分自身が商品です。商品である自分自身の価値を高め、仕事の質を上げ、成果をお客様に提供する。そのためにやるべきことは「自己投資」に他なりません。今までもそうしてきましたが、継続してやる続けることが何より大切だと感じています。

診断士資格取得3年後、そして今から3年後

2017年1月に診断士試験に合格し、そこから私の人生は大きく変わりました。4年目に入ると「診断士の資格を取りたいんだけどどう勉強すればいいのか」「診断士の資格を取ったあと何をすべきか」という相談を度々受けるようになりました。私自身もわからないことが多く、無我夢中で駆け抜けてきた3年間と言えますが、これから3年後、また同じことが起きるかもしれません。

そのときの質問は「独立したいんだけどどうすればいいのか」になると思います。もちろん、その質問に答えるために仕事をするわけではないですが、前述のような診断士取得前後の質問は、私のことを信頼していただいたものと受け止めています。なので、3年後に独立に関する質問をされても恥ずかしくないような仕事ぶりをしていきたい、そんな気持ちでいっぱいです。ただ、先にも書いたように焦りは禁物。実績を積み重ねることでお客様へのお役立ち度を上げ、地道にやっていくことが第一です。今年1年はホップステップジャンプの「ホップ」なわけなので、ジャンプしたら確実にケガをします。

PCM研修のときと同じように「とにかく毎日必死になって食らいつく」姿勢を謙虚に持ち、この1年、着実な歩みをしていきたいと思います。新年を迎え、気持ちが新たになったことで、自分の信念に向かって突き進むという意欲がよりいっそう強くなりました。どうぞよろしくお願いいたします。