中小企業診断士

診断士1次試験はGW明けからが勝負!

今は2019年5月のゴールデンウィーク。自分がTACに在籍していたころを考えると、ここまで順調に来ていた人も一気に脱落してしまうケースが多かったです。(注:煽るつもりはありません。)
で、なんでそうなってしまうかというと、理由は2つ。

  • 完成答練の難しさ(後述)にペースを合わせることが出来ず、ついていけなくなった。
  • ここまでの勉強で残した穴が埋められずに、本試験まで時間がない状況下で焦りが諦めに変わってしまった。

で、結局のところ、1次試験は2次試験と異なり学習量(質もあるけど)に比例して点数が上がるものです。だからここから先、本試験までは死にもの狂いでやるしかない、としかいいようがないです。であれば、次にどのくらいの点数を目指せばいいかなんだけど、これは「本試験と同じく7科目で420点」取ることを目標にしましょう。(完成答練1がほぼ本試験相当の難易度で、完成答練2は本試験より難しい。そんな感じです。)

完成答練1

企業経営理論 56点(平均45.4点)
財務・会計 56点(平均51.6点)
運営管理 69点(平均54.7点)
経済学・経済政策 68点(平均42.7点)
経営情報システム 69点(平均57.5点)
経営法務 53点(平均49.1点)
中小企業経営・中小企業政策 62点(平均48.0点)
総計 433点

完成答練2

企業経営理論 69点(平均48.4点)
財務・会計 52点(平均52.7点)
運営管理 62点(平均52.9点)
経済学・経済政策 64点(平均52.2点)
経営情報システム 84点(平均61.0点)
経営法務 46点(平均45.2点)
中小企業経営・中小企業政策 60点(平均49.0点)
総計 437点

で、完成答練2はもう厳しいというか、法務と中小の2科目を同日に受けたんだけど教室中がどんよりした空気だったのを覚えてます(笑)。ただそれでも、毎週答練を受けながらでも並行して以下の2つは継続してやらないといけないです。いや、だから苦しいんですけどね、、、ここは頑張るしかないです。

  • 財務の勉強は学習効果が点数になって表れるまでに時間がかかるので、毎日少しづつでもコツコツと継続。(注:税理士さんとか公認会計士さんとかは当然別)
  • 本試験問題(過去問)をどこかで回し始めたい。自分は完成答練2の頃から並行して始めました。

その後、1次公開模試そして直前期に入るわけですが、それはまた次回書きます。まとめると、

  • 完成答練では7科目総合して420点を目標とする。(既に科目合格済の場合は受験科目数 x 60点)
  • 完成答練の復習をしつつ、財務は別枠で学習、加えて本試験も。
  • 苦手科目はどうしても出てしまうけど、まずは一通り走り切って、どこが出来ていないのか(苦手なのか)をこの時期に把握しておく。

となります。